トラックの事故の原因は一体何?事例から学ぶ防止の対策について!

ニュースでもよく目にする
トラックの事故。

気をつけようと思っていても
自分が原因ではなく巻き込まれる
こともあるのが事故の恐ろしい
ところですよね。

トラックの事故には
どのようなものが多いのか、
そして対策はあるのか、
知っておきたいものです。

そこで今回はトラックの
事故の原因と対策について
ご紹介します。

Sponsored Links

トラックの事故の原因とは?事例から学ぶTOP4つ

それでは、トラックの事故
に多い原因から見ていきましょう。

主な原因として挙げられるのは
以下の4つです。

1.荷物の積み下ろし

トラックに積み込む荷物は
量が多いことや一つ一つが
重くて大きいということが
多々あります。

積み込みの際にはフォークリフト
などを使用している場合も
多いと思いますが、人の手で
積み下ろしをする現場もあるでしょう。

荷物の落下などによる足の骨折や
荷物を受け取る人への落下による
怪我などが発生しています。

通販の商品配達であれば
小型のものが多いですが、
建築部材ともなれば積荷も大きく
重くなりますよね。

大きな怪我につながる事故は
大型の積荷の積み下ろしの際に
起きやすいのも特徴です。

2.居眠り運転

路上での事故でもっとも
多いといえる原因が居眠りや
疲労での不注意によるものです。

特に事務所などから離れた
場所で起こることが多く、
長距離運転の疲れからくる
ものであるといえます。

運行に時間の制限などがあり
無理をしてしまうドライバーが
多いため、原因としても
一番深刻な問題といえます。

3.荷崩れ

積んだ荷物が崩れることにより
その下にいた人が怪我をするケース
も非常に多いです。

積み下ろし時だけでなく
走行中の荷崩れによる
落下物で後方を走行している車
が衝突することもあります。

4.後退時(バック)

トラックは後方が確認しづらく
死角が多いので、後退時の
巻き込み事故も発生しやすいです。

後退時は誘導員をつけたりして
対策を行っている企業も
増えていますが、必ず2名乗車
出来るとは限らないですよね。

また、公道からバックで
進入しなければならないような
現場では後続車を待たせる焦り
も事故の要因のひとつといえます。

Sponsored Links

トラックの事故を防止するための対策4つ!

ここまではトラックに多い
事故の原因について
ご紹介してきました。

この4つの原因に対する
対策にはどのようなものが
あるのかご紹介していきます。

1.荷物の積み下ろしは保護帽を着用

荷物の積み下ろしをする際は
ヘルメットなどの防護帽を
着用しましょう。

また、安全靴などを着用することで
荷物の落下による怪我を防ぐことが
可能です。

2.疲れを感じたら運行を続けず休息を取る

時間との戦いになってしまう
配送業ではなかなか難しい
かも知れませんが、しっかりと
休息を取りましょう。

運転に対する休息の頻度は
2時間に1回といわれています。

長距離や高速道路ではこのとおりには
なかなか行かないでしょう。
市街地での場合も、トラックを停めて
休憩できる場所は限られています。

しかし無理をして事故を起こしてしまう
方が何倍もの損害につながります。

「疲れた」「眠い」と感じたら
なるべく早く休憩を取るよう
心がけましょう。

3.積載量が規定を超えたら必ず指示を仰ぐ

荷崩れは荷物の誤った固定方法
以外にも、積載量の超過による
ものも多いです。

トラックごとに定められている
積載量を超える場合は必ず
指示を仰ぎ、無理に積みきろうと
しないことも大切です。

4.死角となる場所を注意しながらゆっくり後退

トラックにはさまざまな死角が
あります。

前方にはミラーが多く装備されて
いますが、後方にはあまり
ついていません。

対策が可能な場合には、
バックカメラの取り付けなど
を行うのが一番安全ですが、
なかなか導入も難しいですよね。

死角になる場所を意識して
時には誘導してくれる人を
つけてゆっくり後退しましょう。

普通車への導入が進められている
アラウンドビューモニターには
トラック用の商品もあります。

車両の周りが全体的に把握でき、
後退時だけでなく左折の巻き込みの
予防にもなりますね。

トラックの事故は増加傾向にあるって本当?

出典:http://www.ryu-tsu.com/

ネット通販の普及により、
トラックでの配送の仕事が
増加しています。

そして、仕事量の増加に対して
働く人が不足しているのが
現状です。

事故の件数自体は、昔よりも
減っているのですが、死亡事故は
増加傾向です。

特に死亡事故が多い都道府県は
大阪府が1位となっています。

安全運転を心がけ、死亡事故を
減らしていきましょう。

事故を起こしたトラックを廃車にする前に「トラック王国」で高額査定!

万が一事故を起こし、
多額の修理費がかかるような
損傷を受けてしまった場合。

そのトラックはもう廃車にするしか
ないのでしょうか?

そのような状態でも、
「トラック王国」に査定を依頼すれば
査定額が付くことも!

トラック王国はトラック・重機・バス
を専門に扱う中古車買取・販売店で
知名度NO.1の買取業者です。

全国無料で査定を行い現金買取
してくれます。

ネットからの依頼は24時間受付で
いつでも利用できるので
空いた時間で査定することが出来ます。

廃車にする前に一度
査定を依頼してみましょう。

⇒トラック王国で査定を依頼する

トラック王国は中古車の在庫も
豊富にあるので、買取後の中古車
購入も相談できますよ。

まとめ

この記事では・・・

  • トラックに多い事故原因4つ
  • 事故原因に対する4つの対策
  • トラックによる死亡事故は増加傾向にある
  • 廃車寸前のトラックは「トラック王国」に査定を依頼してみよう

という内容をご紹介しました。

トラックでの事故の多くは
業務中に起こっています。

トラックが原因で起こった事故では
トラック運転手が逮捕されてしまう
ケースが多いですよね。

そのほかにも、事故を起こした相手への
補償やトラックの修理費を運転手に
請求する会社は多いです。

トラックで事故を起こしたら
本当に自腹になるのか?について
まとめた記事もありますので
参考にしてみてください。

⇒トラックで事故を起こしたら自腹!保険未加入の会社もあるって本当?

事故は起こさないように日頃から
注意することが一番です。

万が一おきてしまった事故からも
今後に活かせることがあるはずです。

日々の運行に注意して、事故を
起こさないようにしたいですね。

Sponsored Links

車を売る時に後悔しないコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。




車を一括査定で楽に売るコツ!
車を売りたくて一括査定を申し込んだら
業者から電話が鳴り続けて対応が大変で面倒・・・

そんな悩みがある方は、無料で愛車の最高額がわかる
『ユーカーパック』がおすすめ
です。

ユーカーパックが人気な理由とは

  • 1度の査定で最大2000社が公開入札
  • 電話連絡はユーカーパックの1社からだけ
  • ディーラー下取りよりもお得♪
  • 複数の業者と会ってやりとりをしなくて済む
  • 完全無料で査定できる♪

など、車に詳しくない・交渉が苦手と言う
人でも簡単に利用することが出来ます。

また相場が事前にわかれば、買取業者に
安く買い叩かれる心配がありません。



未分類



ヒロミをフォローする
トラックファクトリー