トラックで事故を起こしたら自腹!保険未加入の会社もあるって本当?

毎日運転をしていると
切っても切れない事故の危険性。

誰もが事故に遭遇する危険性が
ある中で、毎日長距離・長時間
の運行をしているトラックはさらに
その可能性は高くなります

万が一事故を起こしてしまった
時の為に、自家用車では
任意保険に加入することが
常識となっていますよね。

トラックも会社規模で加入している
と思ったら、実はそうではないようです。

今回はトラック事故の自腹と運送会社の
保険加入についてご紹介します。


トラックで事故を起こしたら会社によっては自腹になる?

トラックで事故を起こした場合、
どうなることが多いのでしょうか。

責任者に叱られて始末書を書いて
保険を使って賠償や修理をして
終わり・・というわけではないのです。

運送会社の中には、トラックの修理代金
の一部または全額の負担や
事故の相手への賠償も運転手に課す
ということがあるのです。

業務中に起こした事故が原因で
多額の借金を背負ってしまうことに
なることも。

自己負担の基準や制度は企業によって
さまざまですが、車体の修理代だけでなく
荷物の破損なども負担対象になることも
少なくありません。

必ず自腹というわけではありませんが、
罰則として給与天引きなどを行う
企業が多いことは事実です。

トラックで事故を起こしても自腹にならない場合のケースは?

 

事故を起こすと
金額に関わらず自腹が発生しますが
自腹にならない、会社が一部でも
負担してくれるケースもあります。

1.重大な過失

重大な過失によって起こった事故の場合、
ドライバーだけの責任ではなく
雇っている会社にも責任があると
みなされる場合が多いです。

この場合は、ドライバーへの
全額請求ではなく、司法の判断などにより
損害金額の一部を支払うことに
なるのがほとんどです。

2.ドライバーに責任がない

相手が追突してきた場合や
会社から長時間労働を強いられていた
などの場合は、事故の相手や
会社側が負担する場合が多いです。

3.故意的でない

きちんと注意を払っていたのに
事故を起こしてしまうことも
ありますよね。

また、社内での車両の点検に
不備があった場合なども
ドライバーの故意では
ありません。

その場合は会社が負担する
ことが多いです。

 

トレーラー運転手による運送会社の
事故や破損に関する動画もありますので
参考にしてみてくださいね。

会社によっては保険未加入の場合もあるって本当?

大手、中小問わず、
任意保険に加入していない
会社も多く存在します。

大手企業の場合

大手企業の場合は
自社の資金の中で支払いを行う
「自家保険」という制度を
利用している場合があります。

高額な任意保険料を支払う
必要がないので、大幅な
コスト削減につながっています。

所有車両の多い大企業では
この手法をとっている場合があります。

中小企業の場合

中小企業の場合は、
自家保険をする余裕も任意保険に
加入する余裕もないというケースが
多い傾向にあります。

そのため、自賠責保険だけで
走行していることになります。

自賠責保険でまかなえない部分を
ドライバーに請求するという
ことです。

自賠責保険は、事故の相手へ
最低限の補償を行う保険です。

トラックの修理代などは補償
されないので、ドライバーに
請求されます。

トラックで事故を起こしたら100万以上の借金を背負うことも!?

トラックで事故を起こした場合、
100万円以上の借金を背負うことに
なる可能性もあります。

それは、事故の相手に大怪我や
死亡させてしまった場合です。

大怪我で入院となると、
怪我の治療費、入院中の給与、
乗っていた自転車や車の修理費などが
請求されます。

過失割合によっては会社も一部負担
となりますが、会社が加入している
保険ではまかなえない分は
ドライバーに請求がきます。

相手を死亡させてしまった場合には
家族に対しての慰謝料なども発生しますが
こちらも会社の保険で対応しきれない分は
ドライバーの負担となります。

高額な例では数千万円にも及ぶ
損害賠償負担があったことも。

支払い方法はさまざまですが、
多くは給与天引きとなり、
支払い終わるまで会社を辞められない
といった状況に陥ります。


事故や破損で自腹にならないための対策とは?

まずは、入社する会社を
しっかりと選ぶことが大切です。

その企業で働いている知人がいれば
事故の際の負担はどうなっているのか
任意保険に加入している企業なのか
聞いてみるとよいでしょう。

また、面接の際に思い切って
聞いてみるのもひとつの策です。

厳しい罰則を設けている会社でも
給与がいいからと続けていても
いざ事故を起こしたら多額の
請求が来る可能性があるのです。

入社後に判明した場合、
任意保険への加入を避ける企業で
ホワイトな企業は数少ないでしょうから
早めに転職したほうが良いでしょう。

事故を起こして廃車寸前のトラックでも買取が可能!

 

万が一事故を起こし
多額の修理費がかかるからと
廃車を検討することもあるでしょう。

車両保険に加入していない
トラックであればなおさらですよね。

廃車するにはお金がかかりますから、
故障車でも査定をしてくれる
「トラック王国」に査定を
依頼してみてはいかがでしょうか?

⇒トラック王国に査定を申し込む

まとめ

この記事では・・・

  • トラックで事故を起こすと修理費などが自腹になる可能性がある
  • 損害金額が大きい場合、責任の所在によって会社が補償することもある
  • 大手企業では任意保険に加入せず自家保険を利用している場合がある
  • 中小企業は任意保険に加入していないこともある
  • 自腹を防ぐにはきちんと保険に加入している会社を選ぶ
  • 事故で廃車寸前になっているトラックも「トラック王国」で査定が可能

という内容をご紹介しました。

では、トラックに多い事故の
原因はどのようなもの
なのでしょうか?

トラックの事故原因と対策について
まとめた記事もありますので
参考にしてみてください。

⇒トラックの事故の原因は一体何?事例から学ぶ防止の対策について!

万が一の際もドライバーを
守ってくれる会社で働くことが
トラックドライバーとして
身を守る手段になります。

事故を起こすとドライバーにも
補償責任が発生するので
気をつけていきたいものです。


車を売る時に後悔しないコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。




車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「ズバット車販売」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。

⇒ズバット車販売で非公開車両の詳細を確認する


未分類



ヒロミをフォローする
トラックファクトリー