トラックのバッテリーの交換方法は?自分で行う場合の手順を解説!

トラックのバッテリー交換を
ご自身でされたいという方。

また整備士の方にわざわざ持っていく
のがめんどうな方。

今回ご紹介する自分でトラックの
バッテリー交換の手順を
読んでいただけたら自分で
簡単に行うことができます!!

トラックをお持ちの方は、
ぜひ参考にしていただき
ご自身でバッテリー交換を
行ってみてください。

万が一に備えての知識としても
知っておくと便利ですよ!


トラックのバッテリーの交換を自分で行う手順を解説!

これからご紹介していくのは、

トラックのバッテリー交換で
重要な9つのステップ

順に詳しくご紹介していきます。

順にしていくことでミスなく
簡単にバッテリー交換を行えるので、
ぜひ参考にされてください。

これを読めばあなたもトラックの
バッテリー交換に悩むことはありません。

※バッテリー交換を行うとき用意するもの
交換用のバッテリー
軍手
ボックスレンチ

STEP1.トラック側のマイナス端子を外す

初めに取り付けられている
バッテリーを外す作業ですが、
ここでどれから外せばいいか
悩まれる方が多いです!

初めに外すのは、
トラック側のマイナス端子

ボックスレンチを使いナットを
緩めると簡単に外すことができます。

注意点!
ナットを外す際には、必ずサイズにあった
ボックスレンチを使うようにしましょう。サイズの合っていないものを
使ってしまうとナットが
外れにくくなってしまいます。

STEP2.トラック側のプラス端子を外す

次に行うの作業が、
マイナス端子の反対側に位置する
プラス端子を外すことです。

外したかはSTEP1同様に行ってください。

注意点!
プラス端子を外す際にはショート防止の為、
工具が他の金属部分に触れないよう
気をつけながら作業を行ってください。

STEP3.バッテリー同士で繋がっているマイナス端子を外す

次にバッテリー同士で繋がっている
端子をマイナス側から外してください。

基本の手順はいままでの
取り外し方と同様です。

トラックは乗用車とは違い、
直列繋ぎでバッテリーが
設置してあります。

STEP1のマイナス端子の下は
プラス端子となるので、
STEP2で外したプラス端子の
下側に接続されているのが、
マイナス端子となります!

STEP4.バッテリー同士で繋がっているプラス端子を外す

バッテリー同士で繋がっている
マイナス端子を外したら
同様の手順でプラス端子も外してください。

ここまでの手順でまず、バッテリーを
外す作業は終了です。

〜おさらい〜

  1. トラック側のマイナス端子から外す
  2. トラック側のプラス端子を外す
  3. バッテリー同士に繋がっている
    マイナス端子を外す。
  4. バッテリー同士繋がっている
    プラス端子を外す。

次のSTEPからは、新しいバッテリーの
取り付け方について詳しくご紹介
していきたいと思います。

STEP5.片方のプラス側に短い配線を取り付け

初めに取り付けるときに行う作業が、

最後に外したバッテリー同士
繋がっていた端子を
新しいバッテリーのプラス端子に
接続することです。

取り付けるときに
外した際に緩んだナットを
締めることをお忘れなく!


STEP6.もう片方のマイナス側に短い配線の反対側を取り付ける

きちんとナットを締めたら
次に行う作業は、

STEP5で取り付けた配線を
反対側のマイナス端子へ繋げる。

ここまででまずバッテリー同士が
直列繋ぎになったと思います。

注意点!
取り外すときは、マイナス端子からでしたが
取り付けるときはプラス端子から。
ナットの緩みを必ず締める。この2つを忘れず取り付け作業を
行ってください。
以降のSTEPでも同様です!!

STEP7.余ってるプラス側をトラックからのプラスの配線を取り付け

STEP6で繋げたバッテリーの
プラス端子をトラック側の配線に
繋げてください!

ここまでで読んでも
いまいちバッテリーの

マイナスとプラスがわからない・・

という方もいらっしゃると思います。

新品のバッテリーでは、
プラスとマイナスがわかりやすいように
プラス側にはカバーが取り付けてあります。

それを目安にするとミスなく
取り付けることができるでしょう。

他にもバッテリー交換の際に、
バッテリートレイを綺麗にすることも
大事ですのでこの機会に
掃除もお忘れなく!!

STEP8.余ってるマイナス側をトラックからのマイナスの配線を取り付け

最後に残っているマイナス端子を
トラック側から出ている配線に
繋いでバッテリーの配線取り付けは
終了となります。

しかし繋げたからと
安心してはいけません!

STEP9で最後に確認しておかなければ
いけないことをご紹介します。

上手く交換できた!
ではなく、最後まで必ず怠らず
行うことで初めて終了となります。

STEP9.それぞれの端子が締まっているか確認

最後に、取り付けた端子の
ナットが締まっているか
必ずもう一度確認してください。

取り付けているときにも、
ナットを締めていたとは
思いますが必ず再度ナットが
外れないように締まっているか
ボックスレンチで確認してください。

しかしここで注意点!!
外れぬように締まっているかの
確認は重要ですが、締めすぎる
のもよくありません。
あまりにも力強く締めず、
端子が外れないように締めることを
心がけてください。

まとめ

今回トラックのバッテリー交換を
ご自身でされる方にわかりやすく
解説してきました。

初めての方でも簡単にご自身で
バッテリー交換を行う方法(復習)

  1. トラック側のマイナス端子、
    プラス端子の順で取り外す。
  2. バッテリー同士繋がっている配線を
    マイナス端子から、プラス端子の順で外す。
  3. 取り付ける際はプラス端子から順に行う。
  4. 短い配線をプラス端子に接続し、反対側の
    マイナス端子へ繋ぐ。
  5. トラック側からの配線をプラス端子、
    マイナス端子の順で繋ぐ。

ぜひこの機会にトラックの
バッテリー交換をご自身で
行ってみてください。

トラックのバッテリーの価格はいくら?新しく購入時の選び方を紹介

またバッテリー交換のときに
新しいバッテリーの金額を
知りたい方はぜひ上記の記事も
参考にされてみてください。


車を売る時に後悔しないコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。




車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「ズバット車販売」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。

⇒ズバット車販売で非公開車両の詳細を確認する


未分類



新野卓也をフォローする
トラックファクトリー