トラックのバックカメラの取り付け方!素人でも行うことは可能?

トラックの種類によっては視界が悪くて
バックや車庫入れの際に後ろが見えずらい
こともあるでしょう。

そんな悩みにお応えしてくれるのが、
「バックカメラ」ですよね?

バックカメラを活用することで、
見えない視覚なども見えるようになり
破損や事故のリスクが軽減しますよね?

そんなメリットもるので、トラックに
バックカメラを取り付けようとしている
ドライバーもいるのではないでしょうか?

なかには初めてバックカメラの取り付けに
挑戦したい方もいるかもしれません。

今回は、トラックのバックカメラの
取り付ける方法について解説したいと
思います( ;∀;)


トラックのバックカメラの取りけ方法の手順をSTEPで紹介!

トラックのバックカメラの取り付けを
初めて挑戦しようと思っている人はまず
取り付けの方法がわからないといけません
よね?

そんなカメラの取り付け初心者のために
取り付けの手順について解説します。

これから初めてカメラの取り付けに挑戦
する人は参考にしてみてくださいね♪

1.車のモニターを取り外し裏の接続端子が見えるようにする

まずは、車のモニターを取り外して
裏の接続端子が見えるようにして
いきましょう!


出典:https://blogs.yahoo.co.jp/ogunidenki/33166570.html

バイザーモニターを使用するとなれば
また、取り付けの作業の内容が少々
変わってきます・・・。

2.ナンバープレートのボルトをミニレンチで外す

次に後ろにあるナンバープレートの
ボルトをミニレンチで取り外して
ください。


出典:http://xn--hhr41an3ihqrs92a32ci34aula.net/

後ろのナンバープレートを外した箇所に
バックカメラを後で固定して取り付け
していきます。

3.カメラの配線に付属品の樹脂ワッシャーを通す

次は取り付けるバックカメラの
配線に付属品のワッシャーを通して
いきます。


出典:http://www.diylabo.jp/recipe/recipe-34-1.html

先ほど取り外したナンバープレートの
ボルトを取り外した穴からバックカメラ
配線を通しますが、

配線を穴に通す前にこのワッシャーを
先に通しておくのがポイントです!


4.ナンバープレートの穴からカメラの配線を通す

次はナンバープレートの穴からカメラを
通していきます(‘◇’)ゞ

そのままずーっと配線を通していって
もらってOKです!


出典:http://www.diylabo.jp/recipe/recipe-34-1.html

配線を通すときは円筒状のコネクターを
車の外側から通すような感じになります。

5.バックカメラ本体のネジ部分で固定する

バックカメラ本体のネジ部分まで
配線を通し切ったら、そこでカメラを
固定していきます。


出典:http://www.kitcat.jp/

ワッシャーを挟んだことで、カメラの
向きの調整をすることができるので、
ベストな向きで調整を行ってください。

6.バックの配線から電源を取る

バックの配線から電源を取る際には
「エレクトロタップ」を使用すると
便利です!

ユニットからバックライトの配線を探して
「エレクトロタップ」を使って電源を取る
配線を作るのです。


出典:https://sugimag.com/

イメージは上記の写真のような状態に
なります。

7.バックカメラの配線を車内のミニターまでモニター裏の端子に接続

バックカメラの配線を社内のモニター
まで引いてきてモニターの裏の端子に
接続します。


出典:https://kurumaneta.com/

バックカメラの入力配線に接続する
だけでOKです☆

8.モニターを戻して動作確認

最後にモニターを元に戻したら
バックカメラの動作確認を行い
ましょう。


出典:http://sol20.com/

何も問題なくバックカメラが映れば
作業は完了になります!

また、トラックのバックカメラの
取り付け動画はありませんが、

軽自動車にバックモニターの取り付け
方法を紹介した動画を見つけました。

作業に異なりはありますがイメージは
掴んでいただけるかと思います!

バックカメラの取り付け方

バックカメラの取り付けは素人でも可能?プロに任せるべき?

トラックのバックカメラの取り付けは
取り付け方法がいくつかあるので、
素人でも取り付けは可能です。

とはいえ、配線の操作が難しいので
慣れないうちは経験者と一緒に行った
ほうが確実です。

仕上がりをそれなりに重視するなら
自身で取り付けを行うよりもプロに
お任せした方がいいかと思います。


トラックのバックカメラを選ぶときのポイントは?

バックカメラといっても種類が豊富
ですから、トラックに取り付けたい
カメラのタイプをきちんと決めておく
ことです。

カメラを購入する際は初心者の方は
必ず店舗のスタッフさんに確認して
から購入するようにしてくださいね☆

まとめ

いかがでしたか?

トラックのバックカメラの取り付けは
最初は苦戦するかもしれませんが、

何度か経験を積めば自身でも最初から
最後まで取り付けを行うことができる
ようです(*’ω’*)

ですから、自身で取り付けができる
ようになりたい人は経験のある人と
一緒にまずは取り付けを行ってみると
いいと思います。

バックカメラの取りけ方法の手順

1.車のモニターを取り外し裏の接続端子が見えるようにする
2.ナンバープレートのボルトをミニレンチで外す
3.カメラの配線に付属品の樹脂ワッシャーを通す
4.ナンバープレートの穴からカメラの配線を通す
5.バックカメラ本体のネジ部分で固定する
6.バックの配線から電源を取る
7.バックカメラの配線を車内のミニターまでモニター裏の端子に接続
8.モニターを戻して動作確認

ところで、バックカメラの取り付けを
業者に依頼したら費用はどれくらい
かかるのでしょうか?

⇒トラックのバックカメラ取り付け工賃は?業者ごとの相場を紹介!

トラックのバックカメラを取り付け
ようと検討中の人は業者ごとに費用を
比較しているので、参考にどうぞ(‘◇’)ゞ


車を売る時に後悔しないコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。




車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「ズバット車販売」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。

⇒ズバット車販売で非公開車両の詳細を確認する


未分類



小嶋綾那をフォローする
トラックファクトリー