トラックの荷台シートの掛け方とは?選び方のポイントも紹介!

トラックの荷台に積荷を乗せる際の必要
アイテムとして忘れてはいけないものが
「シート」ですよね?

シートがないと積荷が荷台から落ちて
しまう可能性も高まりますし、雨風から
守ることもできませんよね?

ですから、トラックの運送にシートは
かなりの必需品なのではないでしょうか?

仕事で日頃から頻繁に使い慣れている
人などは掛け方は当たり前のように知って
いるかと思いますが・・・

まだトラックを使ったばかりでシートを
使い慣れていない人や、これからシートを
購入しようとしている人は分からないと
思います。

そこで!今回はトラックの荷台のシートの
掛け方についてまとめたので読んでみて
くださいね(‘◇’)ゞ


トラックの荷台シートの掛け方の手順を紹介!

それでは早速、下記の項目からシートの
掛け方の手順について見ていくことに
しましょう。

トラックの荷台で使うシートの掛け方に
ついてまとめてみたので、今後使う予定の
ある人はぜひ参考にどうぞ♪

実際に行ってみるとそこまで、難しく
ないと思いますのですぐに覚えられると
思います。

STEP1.シートのぺケットの穴にゴムバンドを取り付ける

まず、はじめにシートを広げてぺケットの
穴にゴムバンドを取り付けてください。

ゴムバンドはシートと付属になっている
はずなので、別に準備しなくて大丈夫です。

1人で行うこともできなくはないですが
2人いるのであれば、2人で作業を行った
ほうが効率がいいと思います。

STEP2.付属のゴムバンドをしっかりと結ぶ

シートに付属のゴムバンドを取り付け
したらシートからゴムバンドが外れ
ないようにしっかりと結んでください。

ゴムバンドは意外と外れやすく、
外れると走行中に外れた箇所から荷物が
落ちる可能性があるので、

しっかりと結ばれているかきちんと
確認を行うようにしてくださいね!

STEP3.ゴムバンドを荷台のフックに引っ掛ける

ゴムバンドをシートに結んだ場合は
ゴムバンドをトラックの荷台のフックに
引っ掛けてください。

引っ掛けるときも外れてしまう可能性が
あるので、引っ掛けた後も再度きちんと
目視で確認をするようにしてくださいね!

STEP4.荷台を覆うようにシートを被せる

ゴムバンドを荷台のフックにしっかりと
引っ掛けたら、次はトラックの荷台を覆う
ようにシートを被せてください。

このシートを被せる際は広げて被せる
だけなので、非常に簡単だと思います。

積荷全体がきちんと覆われているか
確認して被せるようにしてくださいね☆

STEP5.シート端がしっかり固定されているか確認

シートを積荷に被せたらシート端が
しっかりと固定されているか確認を
するようにしましょう。

何かの拍子に固定したはずの箇所が
緩んでしまっていることもありえるので、

シートを全て被せ終えたら、シートの端が
しっかりと固定されているかどうか最終
チェックをしましょう。


トラックの荷台のシートを外すには?

トラックの荷台のシートを掛けた後は
今度は外す作業がありますよね?

シートの掛け方が分かれば外し方は
そこまで難しい作業ではありません。

シートの外し方についてはあえて
説明しなくても分かるかもしれませんが
念の為にここで解説しておきます(^^)

STEP1.ゴムバンドを外してシートを下ろす

トラックの荷台のシートを外す際に
まずは、ゴムバンドを外してシートを
下ろしましょう。

ゴムバンドはシートを掛ける際にしっかり
結んだがために外すときになって硬くて
外せなくなることがあります(笑)

ですから、掛ける際にしっかり結ぶ
ことは大切ですがきつく結びすぎない
ようにしてください。

外す際は思い切ってはさみなどで切って
しまってもいいかもしれません。

STEP2.後から使いやすいように畳んでおく

トラックの荷台のシートはまたすぐに
使うことになるかと思うので、

使い終わった後でも次使うことを
考えて綺麗に畳んでおくことが大切
です!

丸めてしまったりするとグチャグチャに
なっていまいますから使いやすいように
きちんと丁寧に畳んでおきましょう。

トラックの荷台シートを選ぶポイントとは?

トラックの荷台のシートを選ぶポイント
しとして、いくつか考えるべきところが
あります!

初めてトラックの荷台のシートを購入
する予定の人は知っておくとために
なるかと思うので、

失敗しないシート選びの参考に覚えて
おいてくださいね!

1.荷台の寸法サイズに合わせる

これは当たり前のことですが、シートを
掛ける際に荷台の寸法に合わせないと使用
することができませんよね?

ですから、荷台に使うシートのサイズを
事前にきちんと確認してから購入をしない
ようにしましょうね。

せっかくの買い物がサイズが合わない
ために無駄になってしまうことに・・・。

2.用途に合わせる

トラックの荷台のシートは用途に
合わせたシートを選ぶようにしま
しょう。

上記の「荷台の寸法サイズに合わせる」
ことと似ているのですが、またトラック
使用の用途は種類によって違います。

ですから、用途によって素材などは
きちんと考慮して購入してくださいね!

3.耐候性や作業性が高い

トラックの荷台のシートを選ぶ際は
耐候性や作業性が高いものを選ぶように
しましょう。

耐候性や作業の用途に合わせてシートを
選ばないと、場合によっては使い物になら
ないための選び方をしてくださいね!

シートをできるだけ長期的に使いたい
人はこのへんも考えてシート選びを
しましょうね♪


トラックの荷台シートは特注でオーダーも可能?

トラックの荷台シートは特注でオーダー
することも可能なので自分の注文通りの
シートを作ることができます。

トラックの荷台のシートは業者に依頼
することでオリジナルのシートを作る
ことができますので、

サイズから素材までこだわりがある人
業者に依頼してオーダーで特注して作る
ようにしてください☆

まとめ

いかがでしたか?

今回はトラックの荷台に使うシートに
ついて解説していきました。

ここに再度、おさらいをまとめておき
ますので覚えておいてくださいね。

トラックの荷台シートの掛け方の手順を紹介!

STEP1.シートのぺケットの穴にゴムバンドを取り付ける
STEP2.付属のゴムバンドをしっかりと結ぶ
STEP3.ゴムバンドを荷台のフックに引っ掛ける
STEP4.荷台を覆うようにシートを被せる
STEP5.シート端がしっかり固定されているか確認

トラックの荷台のシートを外すには?

STEP1.ゴムバンドを外してシートを下ろす
STEP2.後から使いやすいように畳んでおく

また、トラックの荷台のロープを固定
する方法について紹介した内容もあります。

引っ越しなどでトラックを利用しようと
考えている人は使えると思います!

⇒トラックの荷台ロープの結び方まとめ!しっかり固定できる4つの方法!

積荷が走行中に落下しないか心配な人
必見の内容になっているかと思います。


車を売る時に後悔しないコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。




車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「ズバット車販売」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。

⇒ズバット車販売で非公開車両の詳細を確認する


未分類



小嶋綾那をフォローする
トラックファクトリー