スポンサーリンク

トラックのクレーンの後付けは可能なの?取り付けの費用相場も紹介!

重いものを持ち上げるのに
便利なクレーン。

クレーン車そのものは
大型で高価ですが、
所有している軽トラックなどに
取り付けできたら嬉しいですよね。

今回はトラックにクレーンを
後付けする際の費用などに
ついてご紹介します。

スポンサーリンク

トラックのクレーンを後付けすることはできるの?


出典:https://item.rakuten.co.jp/

トラックにクレーンを
後付けすることは可能です!

数万円で購入できる簡易的な
ものから、数十万円する
本格的なものなで
さまざまな種類があります。

吊り下げられる荷重は
300kgほどまでですが、
農作業などでしたら作業が
楽に出来るようになりますよね。

クレーン本体は2万円~50万円
ほどでネットでも販売
されています。

参考商品:丸善工業 ミニクレーン MMC-300S


出典:https://item.rakuten.co.jp/

12V車用の電動クレーンです。
耐荷重300kgですので
さまざまなものを
持ち上げることが出来ます。

軽トラック等でのお仕事の幅が
広がりますね。

本体価格:448,000円
取り付け工賃:50,000円

⇒楽天市場で丸善工業 MMC-300Sの詳細を確認する

トラックのクレーンの後付けにかかる費用はどれくらい?

トラックのクレーンが
単体で販売されていることは
お伝えしましたが、取り付けにかかる
費用はどのくらいなのでしょうか。

依頼先別に見ていきましょう。

1.トラック専門店

トラック専門店では
クレーン本体の販売も
行っている場合が多いです。

クレーン本体を合わせた
取り付け費用は100~150万円
ほどとなっています。

2.修理工場

トラックとクレーンの大きさや
作業内容により変動しますが
相場は約30万円です。

クレーンは自身で用意する場合が
ほとんどとなります。

3.専門業者

トラックの修理や整備を
専門に行っている業者
の場合も、クレーンの販売や
持込に対応していることが多いです。

費用は持ち込みの場合で30~50万円
購入の場合で50~150万円ほどです。

4.カーショップ

トラックの中古車販売店で
取り付けを行ってくれる
場合もあります。

その際の工賃も30万円前後
相場です。

トラックのクレーンを後付けするとどんなメリットがある?

トラックにクレーンを後付けすることで
以下のようなメリットがあります。

  1. 重い荷物を積み込むのが楽になる
  2. 高価なクレーン車の購入費用やレンタル費用を抑えられる
  3. 簡易的なものは自分でも取り付けできる

例えば、軽トラックにクレーンを取り付けた
場合、収穫した農作物や伐採した木や草など、
量が多いと積み込むのが大変な荷物を
積み込むのに便利です。

本格的なクレーン車は1日レンタルするだけでも
6~10万円ほどかかります。

軽トラックや普通車サイズでクレーンが
合ったら便利だなぁという方に最適です。

また、新たな事業でクレーンが必要に
なった場合でも、長期レンタルや購入を
しなくても、所有している車体にクレーンを
つければ費用を抑えられます。

取り付けや操作方法に関する
動画を2つご紹介します。

こちらはシンプルな動画ですが、
クレーンの取り付け手順が
わかる動画です。

こちらは操作方法を説明している
動画です。丁寧でわかりやすいですよ。

まとめ

この記事では・・・

  • トラックにクレーンの後付けは可能
  • クレーンの取り付け費用の相場
  • クレーンを後付けするメリット

についてご紹介しました。

人の手では限度のある重いものの
移動や積み込みもクレーンが
あれば安心して作業が出来ますよね。

クレーンの付いた車両を運転するには
クレーンの免許が必要です。

クレーン免許について種類や
費用についてまとめた記事も
ありますので
参考にしてみてくださいね。

⇒トラックのクレーンの免許の種類は?必要な資格について解説!

トラックを使う仕事では
クレーンは欠かせない機能だと
いえるでしょう。

ぜひ導入を検討してみて
くださいね。

スポンサーリンク
カスタマイズ



ヒロミをフォローする
トラックファクトリー