トラックのフォグランプの取り付け方法!DIYで行うことは可能?

トラックにかかわらず車のライトアップの
カスタマイズはとても人気ですよね?

そのなかのカスタマイスの1つで
フォグランプの取り付けがあります。

トラックのフォグランプの取り付けは
業者に依頼すれば簡単に完了してしまい
ますが、

自身でDIYで取り付けすることも可能
なのでしょうか?

費用を安く抑えたい、自身でカスタム
したい人にとっては知りたい内容では
ないでしょうか?

今回は、トラックのフォグランプを
DIYで取り付けしたい人たちへ向けて
取り付けの方法を紹介していきたいと
思います(‘◇’)ゞ


トラックのフォグランプの取り付け方法の手順を解説

トラックのフォグランプの取り付けを
自身で行いたいという人のために、

今回はトラックのフォグランプの
取り付け方法の手順を解説していき
たいと思います(^^)

次の項目からトラックのフォグランプ
取り付けの方法についての手順を解説
していこうと思います☆

1.フェンダーカバーをめくる

車両のフェンダーのインナーカバーを
少しだけめくってみてください。

こんなときに完全に外さなくてもフォグの
バルブ交換はできることが多いです!


出典:http://driving310.com/2546.html

ちなみに、フォグランプ後部にアクセス
するためにあらかじめハンドルを全開切り
しておくといいでしょう(*’▽’)

2.内張り剥がしで固定ピンを外す

数か所ピンを外してインナーカバーを
めくると、フォグランプの後部が見て
くるはずです。


出典:http://www.diylabo.jp/column/column-272.html

万が一、隙間が足りない場合はさらに
ピンを何本か外してみるといいでしょう。

3.純正フォグの配線カプラーを抜く

フォグランプの後部が見えてきたら
バルブを付けたままで、バルブを後部に
繋がっている配線のカプラーを抜きます。


出典:https://www.automesseweb.jp/2016/07/17/8446

コツとしては、ツメでロックされて
いますのでツメを押しながら引き抜いて
くださいね。

ただ引っ張るだけでは抜けませんので
覚えておくといいでしょう!


4.純正のフォグバルブの配線を抜く

純正のフォグバルブの配線を抜くときは、
スナップ式のバルブタイプはバルブ後部を
持って反時計回り回転させると、

ロックを外せすことができますので、
車種によっては回転方向が逆の場合も
あるので確認してくださいね。


出典:http://www.diylabo.jp/recipe/recipe-16-2.html

ロックが外れたら、そのままバルブを
後部へ引き出すようにすればいいかと
思います!

5.バルブを回転させてロックを外して抜く

純正のバルブを回転させてロックを外す
わけですが、無理に回転させて外そうと
すると、

故障してしまう可能性があるので、
回転させるときはくれぐれも慎重に
行って外すようにしてください☆


出典:http://www.diylabo.jp/recipe/recipe-16-2.html

6.LEDのフォグバルブを付け直す

純正のフォグバルブを抜くことができ
たなら、次は交換用のフォグバルブを
取り付けていきましょう。


出典:https://www.automesseweb.jp/2016/07/22/8609

取り付けるときはバルブの挿入口と
ツメの位置関係を合わせながら交換用の
バルブを差し込むようにしてください。

7.純正に接続されてた配線をLEDバルブに繋ぐ

最後に接続されていた配線を交換
するためのLEDバルブに繋げばOK!


出典:https://www.emonoclub.com/

バルブはドライバーユニットを固定
するわけですが、軽量さに優れたものを
選ぶ方がいいかと思います!


トラックのフォグランプの取り付けはDIYで簡単に行える!

トラックのフォグランプの取り付けは
DIYで簡単に行えるかどうかということ
ですが、

フォグランプの取り付けは素人であっても
行うことが可能です!

初心者でも可能ではありますが、心配な
人はまずは経験者と一緒に取り付けを行う
ようにしましょう。

取り付け自体はそこまで難しくないので
すぐに覚えられるはずです!

トラックのフォグランプを純正からLEDフォグにするメリットは?

トラックのフォグランプをLEDにする
メリットは何なのでしょうか?

一番のメリットとして考えられるのは
やはり見た目のメリットだと思います。

実際にLEDのフォグランプを付けて
みると分かりますがそこまで難しく
ないので問題ないはずです!

まとめ

今回は、トラックのフォグランプの
取り付け方法についてDIYで行うことは
可能ですが、

慣れないうちは万が一のことも考えて
経験者と一緒に作業をすることをおすすめ
します(‘ω’)ノ

トラックのフォグランプの取り付け方法の手順

1.フェンダーカバーをめくる
2.内張り剥がしで固定ピンを外す
3.純正フォグの配線カプラーを抜く
4.純正のフォグバルブの配線を抜く
5.バルブを回転させてロックを外して抜く
6.LEDのフォグバルブを付け直す
7.純正に接続されてた配線をLEDバルブに繋ぐ

また、LED関連の記事としてトラックの
ナンバー灯LEDの規定をまとめた内容の
ものもあります。

⇒トラックのナンバー灯LEDは規定がある!車検でも通る電球の色は?

車検前に知っておかないと引っかかる
ドライバーもいますので、参考に知って
おくといいいです☆


車を売る時に後悔しないコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。




車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「ズバット車販売」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。

⇒ズバット車販売で非公開車両の詳細を確認する


 

 

カスタマイズ



小嶋綾那をフォローする
トラックファクトリー