トラックの積載量は種類によって違う?車種ごとに重さの基準を比較

トラックは積荷を大量に積んで運ぶ
ための乗用車として主に使われることが
多いかと思いますが・・・

トラックの種類は実に様々なタイプの
ものがありますが、

トラックの積載量って種類によって
違うものなのでしょうか?

また、積載量が違うことは種類によって
違うことは分かるけれどどのくらいの差が
あるのか気になる人もいるのでは?

トラックの積荷を運ぶときに積載量が
気になる人もいるかと思いますので、

今回はトラックの積載量を種類ごとに
どれだけ違うのか解説を行っていこうと
思います(*’▽’)


トラックの積載量は種類によって違うって本当?

トラックは荷台に多くの積載を乗せて
走行するために、安全性を配慮して
トラックの種類によって積載量が実は
決められています!

どれだけ貨物を積載できるかというのは、
トラックの構造、形状、大きさによって
それぞれ異なりますが・・・

トラックの積載量を表す式は下記の
ようになっています。

最大積載量=車両総重量-(車両重量+乗員等の重量)

それでは、下記の項目から早速
それぞれのトラックの種類ごとに
積載量の比較を見ていきましょう。

トラックの積載量を車種ごとに基準を比較してみた!

上記でも説明しましたが、トラックは
種類によって積載量が違ってきます。

ざっくり車種を分けると、重さは
小型、中型、大型の3種類に分かれて
きます。

重さが異なる分、積載量も違ってくる
わけですから積載量の比較をトラック
ごとに見ていくことにしましょう。

1.小型トラック(2T)

まずは、小型の2tトラックについて解説を
していきますね(*’▽’)

小型のトラックは車両総重量2t~3tの
車両トラックのことを指します。

この小型トラックの最大積載量は2t~
3t以下という条件が付けられています。

ですが、小型バントラックの場合は
最大積載量が普通免許に対応する3t
未満か、旧普通免許や中型限定免許に
対応する5t未満に分類されるようです!

2.中型トラック(4T)

トラックの中型についてですが、
この中型の最大積載量は4tとなって
います。

ちなみに、最大積載量は4tまで積める
ということではなくて4t近くまで荷物を
つめるということです!

これは、車両にクレーンやテールゲート
などが架装されると、積載量も減りますし
車両総重量を8t未満に設定していること
などが関連しているようです。

3.大型トラック(10T)

大型のトラックとは車両総重量が11t以上、
そして最大積載量が6.5t以上と定められて
います。

これだけ見ると「上限は?」と疑問に感じる
かもしれませんが、道路運送車両法によって
普通自動車として扱われるようです。

ちなみに、大型ダンプは最大積載量が10t
近くで10車のハンチョウに当てはめられる
トラックのようです!


トラックの積載量は変更することもできる?

トラックの積載量は変更することが
可能となっています。

トラックの積載量を増トンする方法が
ありますが、これとは別に減トンという
積載量を減らす方法もあるのだとか。

増トンならまだしも、減トンしたら

「積める量が少なくなるじゃん!」

という意見もあるかと思います。

ですが、減トンのメリットとして
トラックの自動車税は最大積載量に
よって決められているので、

実は最大積載量が減ると税金も安く
なるというメリットがあるのです☆

また、自賠責保険は2tごとに料金が
変わっていきますから減トンしたい
ドライバーさんはいかに2t減らすか
考える必要があるのです。

トラックの積載量を変更するメリットとは?

上記で言ってしまいましたが、トラックの
積載量を変更するメリットとしては税金を
安くさせることができるという点です!

といっても、税金が安くなるのは積載量が
減トンされた場合のみとなり増トンとなる
場合は増税になる可能性があります。

税金対策を考えるならば減トンがおすすめ
ですが、2tごとに減トンしないと減税する
ことができないようです(>_<)


まとめ

いかがでしたか?

トラックの積載量については違反に
なってしまいますので、注意が必要
ですね。

今後、トラックを使用する人は必ず
それぞれの種類によって積載量が
変わってくるということを念頭に
入れておきましょう♪

今回も記事のまとめをここに記載
しておきますので、振り返ってみて
ください!

トラックの積載量を車種ごとに比較

1.小型トラック(2T):2t~3t程度
2.中型トラック(4T):4t~5t程度
3.大型トラック(10T):10t~11t程度

道路を走行していると時々、ナンバー
プレートが見えないトラックを見かける
ことはありませんか?

⇒トラックのナンバーが見えない!プレートが隠れている車は違反になる?

トラックに限らず普通の乗用車など
でもプレートカバーが邪魔でナンバー
自体が見えなくなってる車があります。

そういった乗用車は違反の対象になって
しまうのでしょうか?

気になる人や、違反が心配な人は
参考に読んでみるといいかと思い
ます(=゚ω゚)ノ


車を売る時に後悔しないコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。




車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「ズバット車販売」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。

⇒ズバット車販売で非公開車両の詳細を確認する


未分類



小嶋綾那をフォローする
トラックファクトリー