トラックの大きさを比較!タイプ別でサイズや特徴をまとめて紹介!

仕事や会社で必要になったのでトラックを
購入したいと考えている人もいるかもしれ
ませんが、

トラックの購入はそれなりに高額ですし、
購入を本気で考えるのであれば、慎重に
選ぶかと思います。

トラックを購入する際に考えなければ
いけないこととして、大きさや用途など
ですよね?

トラックにはぞれぞれ種類があるので
特徴やサイズなどをしっかりと把握して
おく必要があります。

トラックの購入を考えている人は、
トラックの大きさや特徴についてどの
ようなタイプがあるのか、まだあまり
知らない人もいるのでは?

今回の記事では、トラックの大きさや
特徴をまとめてみたので、参考にしたい
人はぜひ、読んでみてくださいね。


トラックの大きさをタイプ別で比較!

次の項目からは、トラックの大きさを
タイプ別で比較をしていきます。

トラックには種類によって大きさが
異なるので、用途に合わせて選ばないと
かなりの大損をしてしまいます・・・。

トラック選びに失敗して大損をしない
ためにもトラックの大きさについて
しっかりと覚えておきましょう!

1.大型トラック

大型のトラックは別名10tトラックとも
言われています。

大型トラックは、トラックのなかでも
最大となる規格であり、積載量や車両
総重量もダントツの大きさを誇っています。

積荷を大量に積んで走行するには
大型トラックが最適です!

ちなみに、大型トラックの大きさに
ついては簡単ですが下記にまとめて
あります。

大型トラックの大きさ

●全長:12,000mm以内
●全幅:2,500mm以内
●全高:3,800mm以内

2.中型トラック

続いて中型のトラックについてですが、
別名で4tトラックとも言われています。

中型トラックはトラックのなかで
中間の大きさのトラックになります。

大型トラックほどの大きさは必要ない
けれど、それなりに大きめのトラックが
欲しいという人にはおすすめだと思います。

中型トラックの大きさ

●全長:12,000mm以内
●全幅:2,500mm以内
●全高:3,800mm以内

3.小型トラック

小型のトラックはトラックのなかでも
規格が一番小さい大きさとなっています。

小型トラックはそのコンパクトな
見た目が特徴のトラックになります。

個人で仕事でトラック所有している
人は特に多く利用されている種類の
トラックとなっています!

小型トラックの大きさ

●全長:4,700mm以内
●全幅:1,700mm以内
●全高:2,000mm以内

4.軽トラック

軽のトラックはトラックといっても
軽自動車の1つです。

ですから、他の種類のトラックと比べて
大きさや積載量などを比較しても小さい
トラックになります。

軽トラックは燃費がいいので、トラックの
維持費を極力抑えたい人にとってぴったり
なトラックになるはずです☆

軽トラックの大きさ

●全長:3.40m以下
●全幅:1.48m以下
●2.00m以下

5.特殊トラック

特殊なトラックとしていくつか種類が
りますが、特殊トラックは種類が豊富
なので、

サイズもトラックによってバラバラ
ことが多いです。

例としてはダンプ、タンクローリー、
ミキサー、トレーラーとなります。

大きさについては一概には言えないので
大きさよりも、用途によってどの特殊
トラックがいいか検討してください。


トラックの特徴をタイプ別で紹介!

次の項目ではトラックの特徴に
ついてざっくりですがトラック別で
解説をしていきたいと思います。

大きさを把握しておくことも大事
ですがもっと大切なことはトラックの
特徴を知っておくこと。

でないと、自身の用途に合わせて
トラックを選ぶことができません
からね(笑)

1.大型トラック

大型のトラックの特徴についてまずは
解説を行っていくことにしましょう。

大型タラックを運転するためには、
まず大型免許が必要となります。

また、ダンプカーやクレーン車といった
特殊用途に使用するのであれば更に大型
特殊免許というもの取得しないと使用
することができません(*’ω’*)

大型トラックの特徴

●最大積載量:6,500kg以上
●車両総重量:11,000kg以上

2.中型トラック

トラックの中型についての特徴ですが、
大型ほどではないですが、そこそこの
大量の積荷を運ぶ際に使用されることが
多いかと思います。

中型トラックは4tトラックとも言われて
いますが、実際の積載量はそれよりも
多く積むこともできるようです。

中型トラックの特徴

●最大積載量:6,500kg以内
●車両総重量:11,000kg以内

3.小型トラック

小型のトラックの特徴はどのように
なっているのでしょうか?

小型トラックはある程度少量の積荷
運んで走行するのに最適なトラック
です。

仕事で使用するのに大量の荷物を
運ぶことがないのであれば、小型
トラックで十分ではないでしょうか?

小型トラックの特徴

●最大積載量:3,000kg以内
●車両総重量:5,000kg以内

4.軽トラック

軽のトラックは小型よりも積載を
積める量が少ないので、

運送用には不向きですが、少量の
荷物を運ぶには便利だと思います。

軽トラックの特徴としては小型
トラックと同じように個人で仕事と
して所有する人が多く利用している
トラックになります。

軽トラックの特徴

●最大積載量:350kg
●車両総重量:880kg

5.特殊トラック

トラックの特殊の特徴として挙げられる
のはダンプカーや、タンクローリーなど
ものを運ぶだけではなく、

業務用として機能を兼ね備えたトラック
たちのことを基本的に特殊トラックと
呼んでいます。

上記であげてきたトラックと比べて
最大積載量や重量もバラつきが多いので
記載するのが困難でした・・・。

トラックの箱車と平台の2種類はどこが違うの?

最後にトラックの箱車と平大の違い
についてですが、

同じトラックなのにこの2種類の
トラックたちはどこが違っているの
でしょうか?

一般的なタイプとなっているのが
平ボディで車体に荷台を備えたタイプの
トラックですね。

運搬に役立つのは、この平台のトラック
となるでしょう。

箱車は屋根と広い荷台スペースを完備
したタイプのトラックとなっていて、
キャビンの部分が一体化になっている
ことが特徴です。

食品などを運送する際に使用される
ことが多いトラックとなっています!


まとめ

いかがでしたか?

トラックのを種類別で大きさや特徴
ついて解説していきました。

記事のなかでまとめを最後の方で
記載しているので、大きさや特徴の
確認は再度、記事の内容を確認して
みてくださいね( ;∀;)

トラックを購入する前に知っておいて
おくべきこととして「車検」について
解説した記事があるので、読んでおいて
ください。

⇒トラックの車検にかかる日数は?タイプ別で所要時間を紹介!

車検代も決してばかになりませんから、
事前に知っておくことでトラック選びの
参考にも役立つはずです!


車を売る時に後悔しないコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。




車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「ズバット車販売」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。

⇒ズバット車販売で非公開車両の詳細を確認する


未分類



小嶋綾那をフォローする
トラックファクトリー