トラックのテールランプを車検に通すには?引っかかる車の照明の特徴!

LEDテールランプが
増えてきているトラック。

最近では流れるウインカーや
面発光タイプのテールランプ
取り付けた個性的な車体も
よく見かけますよね。

テールランプにももちろん
車検の適合範囲が定められています。

交換したテールランプが
車検に適合しなければ
不正改造車になってしまいますよね。

今回はトラックのテールランプと
車検の関係についてご紹介します。


トラックのテールランプが車検に引っかかる車の特徴は?

トラックのテールランプには
さまざまな規定があります。

これらをクリアしないと、
整備不良で罰金の対象になることも。

カスタムだけでなく日々のメンテナンス
としても確認していただきたい
項目になります。

1.色

テールランプの光の色は
「赤色」と定められています。

レンズに着色されている場合は
中の電球は白いものが付いている
こともありますが、基本的には
電球も赤色のものを使用します。

2.視認距離

夜間に後方300メートルの
距離から視認できること
が条件となります。

電球が切れていたり、
見えづらい位置についていたりすれば
その距離から確認は出来ませんよね。

きちんと後方の車に認識してもらえる
ことが基準となります。

3.面積


出典:https://www.rakuten.co.jp/

平成8年1月31日以降に製造された
車体では、15平方センチメートル以上
の面積が必要です。

平成8年1月31日以前に製造された
車体には特に規定はありません。

4.光源

平成18年1月1日以降に製造された
車体では、5W以上30W以下
と規定されています。

平成8年2月1日~平成17年12月31日の
間に製造された車体では 5W以上、
平成8年1月31日以前に製造された
車体では規程なしとなっています。

5.光度

平成18年1月1日以降製造の車体では
300cd(カンデラ)以下と規定されています。

平成17年12月31日以前に
製造された車体には規定はありません。

6.取り付け位置

平成18年1月1日以降製造の車体では
照明の上辺が地上から2.1m以下、
下辺の高さは地上から350mm以上、
両端は車の外側から400mm以内です。

平成8年2月1日~平成17年12月31日
間に製造された車体
照明部の上辺の高さが地上2.1m以下、
両端は車の外側から400mm以内です。

平成8年1月31日以前に製造された車体
照明の中心の高さが地上2.0m以下、
両端は車の外側から400mm以内
となっています。

 

最近良く見るトラックの
LEDテールについて解説している
動画がありますので、興味の
あるかたは見てみてくださいね。


トラックのテールランプの保安基準を知っておくこと!

面積や明るさ、取り付け位置に
さまざまな規定があります。

車体の製造年によって適用される
基準も異なります。

テールランプの電球が
切れている車をよく
見かけると思います。

そのような車も
整備不良車の対象です。

整備不良に該当してしまうと
免許の違反点数が加算される
とともに罰金の対象
なってしまいます。

テールランプをカスタム
する際は、車検の適合範囲内
で行いましょう。

まとめ

この記事では
トラックのテールランプの
車検適合基準
についてご紹介しました。

さまざまなデザインの
テールランプが販売
されているトラック。

車検適合の範囲内で
個性的なカスタムをしたいという
方も多いでしょう。

トラックのテールランプを
ドレスアップする
テールランプカバーを紹介している
記事もあります。

興味のある方はこちらも
読んでみてくださいね。

⇒トラックのテールランプカバーを取り付け!インパクト上がるTOP5選

流れるウインカーの
トラックを見ると少し
テンションが上がりますよね。

カバーだけでなく、ランプ
本体も交換品が多く出ており、
車検適合の商品がたくさんあります

ドレスアップ要素もありますので
カスタムの際の参考にしてみてくださいね。


車を売る時に後悔しないコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。




車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「ズバット車販売」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。

⇒ズバット車販売で非公開車両の詳細を確認する


未分類



ヒロミをフォローする
トラックファクトリー