トラックのタイヤの空気圧はいくつ?正しい入れ方や目安を知ろう!

タイヤの空気圧の点検行っていますか?

空気圧計があるガソリンスタンドなどでは
気にしてみる方も多いと思いますが、
最低でも1ヶ月に1回ほどのペースで
点検することが推奨されています。

長年乗っている方は
問題ないと思いますが、
初めて自分で空気圧を見るときは
なんだか緊張しますよね。

そこで、トラックのタイヤの
空気圧の入れ方についてご紹介します。


トラックのタイヤの空気圧の適正値の目安とは?

トラックのタイヤの空気圧
の適正値は、トラックの
メーカーによって異なります

運転席のドアを開けたところに
ステッカーで示されているかと
思いますので確認してみましょう。

平均的な空気圧の適正値は
以下のとおりです。

  • 軽自動車:1.8kg/cm2~2.0kg/cm2
  • 普通乗用車:2.0kg/cm2~2.4kg/cm2
  • 小型2tトラック:5.0kg/cm2~6.0kg/cm2
  • 中型4tトラック:7.0kg/cm2~8.0kg/cm2
  • 大型10tトラック:8.5kg/cm2~10.0kg/cm2

トラックの大きさによって
かなり違いがありますね。

トラックの空気圧の入れ方について紹介!

それでは、タイヤの空気圧の
入れ方をご紹介します。

ガソリンスタンド等では空気圧の適正値が
置いているエアゲージの対応範囲を
超えてしまう場合がありますので
事前に確認しましょう。

また、空気圧のチェックは
タイヤが冷えているとき
行いましょう。

タイヤの空気は、走行で
タイヤが高温になることによって
空気が膨張し正しい空気圧が
測定できませんので注意しましょう。

STEP1.タイヤのバルブキャップを外す

まずはホイールについている
バルブキャップをはずします。

STEP2.バルブにエアコンタンクのホースの先端を押し当てる

自転車の空気を入れるような
イメージで、エアコンタンクの
ホースをバルブに押し当てます。

STEP3.タンク備え付けのメーターに空気圧が表示される

メータに空気圧が表示されるので
確認しましょう。

STEP4.空気圧が規定値よりも少ない場合は「+」を押す

規定値よりも少ない場合は
「+」またはトリガーを押して
空気を追加します。

入れすぎないよう
少しずつ入れていきましょう。

STEP5.空気圧が規定値よりも多い場合は「-」を押す

空気圧が高い場合は、
「-」を押して空気圧を下げましょう。

「+」と「-」を繰り返し、
規定値+10%ほどに調節すると
タイヤの劣化を起こしにくく
燃費の向上を見込める空気圧になります。

STEP6.ホースを外してバルブキャップを取り付ける

空気を入れ終わったら
ホースをはずし、
バルブキャップを
しっかりと閉めましょう。

全体の流れは普通車の
空気圧点検と同じです。

こちらの動画も参考にしてみて
くださいね。

 

タイヤの空気圧が規定値用よりも低いとどうなる?

タイヤの空気圧が低いと、以下のような
不具合を生じたり、最悪の場合は
大きな事故の原因となります。

  • 燃費が悪くなる
  • タイヤの磨耗に偏りが発生しやすくなる
  • タイヤ寿命が短くなる
  • 発熱による損傷が起こりやすくなる
  • グリップ力が下がる
  • ハイドロプレーニング現象が起こりやすくなる

タイヤの寿命を縮め、
損傷や破裂を引き起こす
原因となってしまいます。

久々に聞いたかもしれない
「ハイドロプレーニング現象」

タイヤと路面の間に水が入り込み
車が水の上を滑るようになり
ハンドルやブレーキが利かなく
なる現象のことをいいます。

タイヤの空気圧不足によってタイヤと路面の
接地面積が大きくなり、タイヤと路面の間の
水を排水しきれなくなることが原因で
発生します。

タイヤの空気圧が不足することによる
メリットはありません。

大事故につながる恐れがありますので
定期的な空気圧チェックを
怠らないようにしましょう。


タイヤの空気圧が規定値よりも高いとどうなる?

タイヤの空気圧が高い場合には、
以下のデメリットが発生します。

  • タイヤの中心が摩耗しやすくなる
  • タイヤにキズが入りやすくなる
  • 乗り心地が悪くなる

ただし、メリットも存在します。

  • 燃費が良くなる
  • 走行安定性が向上する
  • 破裂しにくくなる

以上のメリット
デメリットを踏まえ、空気圧は
少し高めに入れておくのが
良いとされています。

規定値のよりも+10%ほど
高くしておくとよいです。

まとめ

この記事では・・・

  • トラックのタイヤの空気圧の適正値
  • タイヤの空気圧の入れ方
  • タイヤの空気圧チェックはタイヤが冷えているときに行う
  • タイヤの空気圧が低いと燃費の悪化やタイヤの破損につながる
  • タイヤの空気圧が高いと乗り心地が悪くなるが燃費が良くなる

という内容をご紹介しました。

空気圧の低下以外にも、
タイヤのバースト(破損)を招く
原因があります。

特に高速道路上で
多いといわれるタイヤのバースト
による事故は後を絶ちません。

日常の点検や対策で
防ぐことが出来るなら
実行したいですよね。

トラックのタイヤの
バーストの原因と対策
についてまとめた記事もあります
ので参考にしてください。

⇒トラックのタイヤがバーストする原因は?対策と点検方法について解説

お仕事でトラックに乗る方は
日常的に空気圧点検を
行っていることと思います。

空気圧が低い・高いと
どのようなメリット・デメリット
があるかを知っているかどうかで
その重要性がわかりますよね。

日常点検のひとつとして
空気圧点検をしていただき
安全運転を心がけましょう。


車を売る時に後悔しないコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。




車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「ズバット車販売」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。

⇒ズバット車販売で非公開車両の詳細を確認する


メンテナンス



ヒロミをフォローする
トラックファクトリー