スポンサーリンク

トラックのタイヤのローテーションとは?走行距離も伸ばすことも可能!

タイヤローテーション
したほうがいいというのは
ご存知の方が多いと思います。

定期的にタイヤの位置を
入れ替えることに何の意味が
あるんだろう?と疑問に
思う方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回はトラックの
タイヤローテーションについて
解説していきます。

スポンサーリンク

トラックのタイヤのローテーションをする意味は?

タイヤの溝は走行に応じて
減っていくものです。

荷物の積み込み方や足回りの
セッティングなどによって
磨耗具合に差が出てしまいます。
これを偏磨耗といいます。

定期的なタイヤローテーションを
行うことでタイヤの偏磨耗を抑制し
偏磨耗を原因とするパンクやバースト
を未然に防ぐことが出来ます。

さらに、タイヤローテーションを
行うことで、偏磨耗によるタイヤの寿命を
均一にすることが出来るので、経済的な効果も
期待できます。

走行の安定性、タイヤの寿命、
そして安全性を維持するために必要な
メンテナンスなのです。

トラックのタイヤのローテーションで走行距離は伸びる?

タイヤの磨耗具合は取り付け位置に
よって変動します。

ずっと同じタイヤの配置では、
特定のタイヤだけ早く寿命が
きてしまうということも
あります。

一般的にトラックのタイヤの
寿命は3~4万キロといわれています。

駆動輪によって偏磨耗具合は
変わりますが、前輪駆動のトラックは
駆動・制御・旋回の負荷がフロントに集中
するのでかなり差が生じてしまいます。

タイヤの取り付け位置を5000~1万キロ
ごとに入れ替えていくことで、
偏磨耗を抑え、均等にタイヤを使うことが
できます。

それによって、1台分のタイヤのトータル
寿命が延びるので、走行距離も
伸ばすことができます。

トラックのタイヤのローテーションはどこでやってもらえる?

トラックのタイヤをはずすには
工具や設備が必要です。

プロに依頼するには、以下の
店舗にやってもらいましょう。

1.トラック専門店

大型トラックなど、タイヤの
付けはずしにトラック用の工具が
必要な車体の場合は、
トラック専門店に依頼しましょう。

2.タイヤ専門店

普通車や軽自動車のトラックの
場合は、タイヤ専門店でも
受け付けてくれます。

車体を上げるリフターが
トラックの車両重量に
対応していれば問題なく
対応してくれます。

事前にトラックでも大丈夫か
確認しておくと良いでしょう。

3.カー用品ショップ

カー用品店でもタイヤローテーション
は対応してくれます。

こちらもタイヤ専門店同様に
トラックにも対応できる設備が
あるか確認したほうが良いでしょう。

軽トラックや普通車であれば
問題なく受付してくれます。

 

設備や工具が揃っている場合には、
自分でも作業することは可能です。

トラックのタイヤローテーションは
普通車と入れ替え位置が異なるので
注意しましょう。

実際にタイヤローテーションを
行っている動画があります。
自分で作業するときの
参考にしてみてください。

トラックのタイヤのローテーションによる注意点2つ

トラックのタイヤローテーションを
行ううえで、注意していただきたい点が
2つあります。

せっかく安全性の向上やタイヤの寿命の
延命のためのタイヤローテーションを
行っても、誤った方法ではかえって
危険性を上げてしまいかねません。

しっかりと事前の確認を行いましょう。

1.タイヤの指定

タイヤの種類によって、
進行方向などに
指定がある場合があります。

その場合は、決まった位置にしか
取り付けが出来ないので、
ローテーションをする際も
位置が指定されます。

タイヤによって異なりますので
事前に確認を行いましょう。

2.タイヤの違い

出展:http://toyotires.jp/

トラックのタイヤローテーションは
同じサイズ間で行います。

異なるサイズが混在している場合は
同じサイズのタイヤをつけている
ところでしか入れ替えは出来ません。

また、大型トラックなどは
普通車よりも車輪が多いので
入れ替える位置も普通車とは
異なります。

たとえ問題なく取り付け
出来るとしても、危険性を
上げてしまうことになりますので
絶対にやめておきましょう。

まとめ

この記事では・・・

  • トラックのタイヤローテーションは安全性の向上とタイヤの寿命延長に効果がある
  • タイヤローテーションによって偏磨耗を抑えることで走行可能な距離を伸ばすことが出来る
  • トラックのタイヤローテーションは、トラック専門の整備工場やタイヤ専門店、カー用品店などで行ってもらえる
  • タイヤローテーションはタイヤの向き・位置の指定やサイズの違いによって入れ替えできる場所が異なる

という内容をご紹介しました。

トラックのタイヤはサイズが大きく
重量もあるので、出来れば
プロに依頼したほうが安全でしょう。

トラックのタイヤには
いくつか種類があります。

その中でもトラックにおすすめと
いわれるミックスタイヤ
その特徴をご紹介している記事もありますので
興味のある方は参考にしてくださいね。

⇒トラックがタイヤのミックスタイプを履く理由!どんなメリットがある?

タイヤの状態は走行の安全性に
直結する問題なので、
タイヤローテーションは確実に
定期的に行いたいメンテナンスです。

空気圧の点検などと同時に、
気になる偏磨耗がないかなども
日常的にチェックしていきましょう。

スポンサーリンク
メンテナンス



ヒロミをフォローする
トラックファクトリー